「ゴールデンフェニックス」

9リール8ラインのビデオスロット
火の鳥の要素が盛り込まれた、演出の凝ったスーパーエイトウェイズです


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > ゴールデンフェニックス

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (1ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から80枚 (機種やバージョンによる)
配当上限100,000枚
P/O率不明
配当方式ペイライン配当
絵柄数20種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他エッグボーナス / フェニックスフィーチャー


マシン情報
シグマ社の最後のスーパーエイトウェイズであるゴールデンフェニックスは
これまでのフィーチャーや絵柄とまったく異なった作りになっている。

卵が割れたり、火の鳥が画面中を飛び回るなど、
シグマ社のゲーム基盤の性能を限界まで使ったゲームといえる。

ゲーム自体は遊びやすく、ビッグジャックポットも発生しやすい優良なマシン。


ゲームの特徴

「ゴールデンフェニックスフィーチャー」

センターリールにワイルド絵柄が出現すると、モーフィングのようにワイルド絵柄と
ゴールデンフェニックス絵柄の変身を繰り返す場合がある。
そして大きなゴールデンフェニックス絵柄になると、ボーナスゲーム成立となる。


センターにゴールデンフェニックスで成立

ボーナスゲームになるとセンターがWILD絵柄で固定され、ゴールデンフェニックス絵柄が
全てのリールに1回ずつ飛び回る。


ゴールデンフェニックスの飛び順

画面はフィーチャー発生時のままの状態でゴールデンフェニックスが飛び回り
関係するペイラインに絵柄が並んでいると、その度にペイラインに応じた配当が加算される。


2本のペイラインで当選

よって、フィーチャー突入時に高配当の絵柄が出ていたり、最初から絵柄が並んでいる場合に高配当となる。


「エッグボーナス」

センターリールだけに卵の絵柄が存在する。
卵が止まった場合、1回~数回割れてベット数にかけられる倍率が現れる。
倍率は1倍から50倍までの7種類がある。


ベット枚数の5倍の配当

卵が数度と割れている時、卵に模様が加わったり色が変わる場合がある。
これは大きな倍率が出たり、ワイルド絵柄が生まれる可能性があることを示す。


模様と色が変わった卵

ワイルド絵柄が生まれた場合、何も起こらず単なるワイルド絵柄で終了する場合と、
ゴールデンフェニックスフィーチャーに発展する場合がある。


ワイルド絵柄が誕生


「ダブルダウン フィーチャー」

ダブルダウンでもゴールデンフェニックスフィーチャーや、エッグボーナスが存在する。
ワイルド絵柄を選択した場合、まずダブルダウンの勝ちが確定する。


ワイルド絵柄で勝ちが確定

ワイルド絵柄が変身して、ゴールデンフェニックスフィーチャーになると
選択したリールはワイルド絵柄で固定され、残りの2つのリールにもフェニックス絵柄が飛ぶ。
その結果、うまくいけば複数回のスペシャルボーナスの配当が成立する。


ダブルダウン中のフェニックスフィーチャー

卵を選択した場合も、まずは勝利が確定する。
数度割れてその結果、倍率が掛けられるルールはメインゲームと同様。
ワイルド絵柄が生まれてゴールデンフェニックスフィーチャーになる場合もある。


エッグボーナスによる倍率表示



絵柄の種類
ゴールデンフェニックス ワイルド フェニックス セブン バー
ウィング5 ウィング3 ウィング2 ウィング1 エッグ50
エッグ20 エッグ10 エッグ5 エッグ3 エッグ2
エッグ1 エッグ エッグ(模様) エッグ(色付き模様) エッグ(割れ)
絵柄の種類はかなり多いが、卵の種類だけが異なるものを除けば10種類。
上記の他にもWILD絵柄の白抜き状態もフィーチャー中のみ存在する。


オッズ表
ゴールデンフェニックスフィーチャーによって揃うことが多くあるため
ペイラインのオッズはかなり低めに設定されている。



ダブルオッズ表
ダブルダウンのオッズはエッグボーナスやフィーチャーの影響でかなり低い。
下の2つは共に1倍という状態になっている。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載