「ホットライン」

1ベットですべてのラインが有効となる8ラインスロット
いまは主流の全ライン有効タイプの先駆けとなった機種です


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > ホットライン

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (1ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から40枚
配当上限100,000枚
P/O率92.2%
配当方式ペイライン配当 / ボーナス配当
絵柄数9種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他


マシン情報
この機種までのスロットゲームは、1ベットで1ライン有効となるバイ ア ペイタイプが主流であったが、
ホットラインでは1ベットで全ライン有効という形を作り出した。

このゲームでしか見られない絵柄ホットラインがある。

最大のライン配当は100倍と低く設定されているため、穏やかで遊びやすいが、
フィーチャーなどが一切ないので飽きやすい。


ゲームの特徴

「安定したゲーム性」

これといった特徴はなく、波が穏やかで長く遊べる。
少ないベット数でもそこそこ増やすことができる。


画面イメージ

JQK絵柄の3種混合での1倍配当から、最高はホットラインの100倍までと範囲が狭いため、
大当たりはしないが、大敗することも少ないビギナー用の機種。


「マルチゲーム筺体」

ホットラインはマルチゲームスMAX40にも移植されており、ミッドスラント機でも遊べる。
ゲーム内容や最大ベット数などはまったく同じであり、80ベット版は存在しない。



この機種は多く流通しているので、目にする機会が多い。
他にスキャッターズファンとフルーツショップで遊ぶことができる。


「エニーミックス配当」

ホットラインとジャックポットの絵柄数による、エニーミックス配当が付けられている。

3個で2倍というのはよく出現するが、それ以上はなかなかお目にかかれない。
倍率が4個で一気に10倍になり、5個だと50倍と差が激しいためそうそう出せないようだ。



絵柄の種類
ホットライン ジャックポット キング クイーン ジャック
ウォーターメロン グレープ アップル レモン
絵柄の種類は9種類でブランクは無い。
ホットラインの絵柄以外は、どれも他の機種で見たことのあるもの。
ジョーカーも無いシンプルな構成となっている。


オッズ表
最低の1倍から最高は100倍まで。
ジョーカーはないので、純粋に揃わなければならない。
そのため難易度が高そうに見えてしまい、人気はいまひとつ。


エニーオッズ表
目立たないがナインディファレント配当がある。
右側の6個以上の配当の難易度は高い。


ダブルオッズ表
3MIXED配当のあるスペシャルボーナス配当。
ウォーターメロンとグレープの順番が他の機種とは逆になっている。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載