「オージースペシャル」

最高3万枚の9リール8ベットのスロットマシン
ジョーカーも無くゲーム性は非常にシビアになっています


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > オージースペシャル

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (8ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から8枚
配当上限30,000枚
P/O率92.1% (設定範囲 85.4%~98.1%)
配当方式ペイライン配当 / エニー配当
絵柄数9種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他


マシン情報
オーストラリアの海外カジノ向けに開発されたオージースペシャルは、
最大配当が3万枚と国の法律にあわせた形で作られており、
ゲーム内容は名前の通りスペシャルを基本にアレンジされている。

当時のオーストラリアのルールでは、ブランク絵柄が認められていないため、
ゴーストタイプは販売することができない。

日本ではダブルダウン機能が付加されて、そのまま発売されたため、
メインゲームは最大3万枚に対しダブルダウンは10万枚となっている。


ゲームの特徴

「シンプルなスロットマシン」

スタンダードなスロットマシンであり、現在のようなボーナスゲームなどもなく、
ナインディファレントやプログレッシブ配当もない。

最高配当は3万枚と、エイトウェイズ系のマシンの中ではもっとも少ない。
9個のエース出現の場合は、ペイライン配当は勘定されないと記されている。

絵柄が9種類あるのだが、エニー配当は5段階しかない。
スキャッターズファンなどと同じ配当の段階になっている。


「マルチゲーム筺体」

このゲームはマルチゲームス・オージーという機種でも遊べるのだが、外販されていない。

試作機が1台だけチェーン店に存在していたことがあり、他にジョーカーズダブルとラッキーエースが選べる。

 



絵柄の種類
ブルーエース レッドエース キング クイーン ジャック
ウォーターメロン プラム オレンジ チェリー
絵柄は主流スロットマシンと同様である。
ブルーエースのみがこの機種独自の絵柄であり、セブンなどはない。


オッズ表
チェリーとオレンジは同じ10枚。
基本的にはエニーフェイスがよく当選する。
なぜかキングがよく揃い、クイーンやジャックは少ない。


エニーオッズ表
スペシャルボーナスは5段階しかない形になっている。
エースが7個から先は1万枚ステップとは実に安い。
チェリーのオールナインがたった5000枚など、ジョーカーなしで難易度が高い割には安い配当である。


ダブルオッズ表
ダブルダウンボーナスは他機種と比べて遜色は無い。
ディーラーが強くてもキングなどで勝てる場合が多いのだが、
オレンジにチェリーで負けるパターンも多い。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載