「ジョーカーズダブル」

最高1万枚の9リール8ベットのビデオスロット
ジョーカーズダブルという名の発祥のマシンです


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > ジョーカーズダブル

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (8ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から8枚
配当上限10,000枚
P/O率91.9% (設定範囲 85.8%~98.1%)
配当方式ペイライン配当 / エニー配当
絵柄数7種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他


マシン情報
JDジュニアの前作となったこの機種は、
どんなに当選しても最大で1万枚までという制限のあるスロットマシン。

6個以上のエニー配当は何ベットでも同じという変わった配当表となっているのが特徴。

メインゲームは1万枚がリミットであるが、
ミッドスラント機でのダブルダウンは10万枚までとなっている。


ゲームの特徴

「ジョーカーズダブル」

オージースペシャルやラッキーエースなどと同じ時期に発売された機種であり、
ダブルジョーカー絵柄はワイド筐体のスーパーエイトウェイズに続いて2機種目の登場となる。

通常ゲームはナイン揃いの2枚配当などの小さな配当が多い。
エニー配当は、エースとダブルジョーカーの数によるもののみ。


「マルチゲーム筺体」

このゲームはマルチゲームス・オージーという機種でも遊べるのだが、外販されていない。

試作機が1台だけチェーン店に存在していたことがあり、他にオージースペシャルとラッキーエースが選べる。

 



絵柄の種類
ダブルジョーカー ブルーエース キング クイーン ジャック
テン ナイン
絵柄の種類は7種類と少なく、ブランクは配置されていない。
馴染みのある絵柄の他に、ナインとテンが追加されている。


オッズ表
ナインの2枚という細かい配当がある。
ジョーカー2枚とナインで8枚をよく見かける。


エニーオッズ表
横一線がほとんど同じ配当表。
ペイラインが8ベットでないと全て有効にならないので8ベットは必須だが、
エニー配当についてはその限りではない。


ダブルオッズ表
ダブルダウンボーナスの倍率は5段階しかない。
ナイン、テン、ジャックはすべて1倍と低い。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載