「ゴースト ジュニア」

JDジュニアの前身の機種で、ゴーストタイプのマシン
ワイルドがなくブルーセブンが最も高い絵柄となっています


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > ゴースト ジュニア

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (8ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から8枚
配当上限100,000枚
P/O率不明
配当方式ペイライン配当 / エニーセブン配当
絵柄数5種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他


マシン情報
スーパーエイトウェイズの初期タイプ。
ワイルドは無く、配当はペイラインとブルーセブンのエニーボーナスのみとなっている。

ゴーストとはブランクのことを指しており、ジュニアはシリーズ名。
他に初代ジュニア、ビンゴジュニアなどが発売されている。

現在はほとんど残っておらず、郊外の店で稀に見ることができる。


ゲームの特徴

「シンプルなスロット」

画面の見た目はJDジュニアと見分けがつかない。
遊んでみると分かるが絵柄が4種類しかないため、流れるリールはかなり寂しい。



絵柄の種類
ブルーセブン トリプルバー ダブルバー シングルバー ブランク
絵柄は5種類とかなりシンプル。
ブランクと交互に配置されている。


オッズ表
ペイラインは最大で300枚。


エニーオッズ表
エニー配当はブルーセブンの数のみ。
オールナインで10万枚。


ダブルオッズ表
最大でも30倍。
10万枚を出すには3334枚以上の時にトップラインを出さなければ
到達しないのでチャンスは一回。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載