「ホイールパニック」

5リールのホイールが付いたビデオスロット
画面上にホイールパニック絵柄が出現するとボーナスゲームとなります


トップページ > メーカー > ビデオスロット > ホイールパニック

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名ビデオスロット
種別デジタルスロットマシン
リール数5リール (3x5リール)
ペイライン数9本
ベット数1枚から90枚
配当上限100,000枚
P/O率不明
配当方式ペイライン配当
絵柄数9種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他ホイールパニックフィーチャー


マシン情報
スラント筐体にホイールが付いた、シグマ社後期に発売されたビデオスロット。
フィーチャーが成立すると、ホイールが5回も回るボーナスゲームとなる。

複雑な9ペイラインや予告も組み込まれており、慣れると楽しめるマシン。
ゲーム性は意外に荒く、10万枚が当選した例もある。

機械の外販数が多くよく目にすることができる。


ゲームの特徴

「ホイールパニック フィーチャー」

メインゲームでホイールの絵柄が画面のどこかに3個から5個、
出現するとホイールパニックフィーチャーとなる。



ホイールパニックフィーチャーは、筐体に付いているホイールで枚数の決定を行う。
ホイールが全部で5回、回転してその止まった位置により枚数が算出される。



配当枚数の計算方法は下記の通り。

A)メインゲームで出現したホイールの数
3個出現 ・・・  1
4個出現 ・・・  2
5個出現 ・・・ 10

B)ベット数
1から90ベット

C)プラスに止まった合計
プラスに止まった数字に+1したもの

D)カケルに止まった合計
カケルに止まった数字をかけた合計

- 配当合計枚数 -
獲得枚数 = A x B x C (x D)
※Dがゼロの場合はかけない


「フィーチャー予告」

ゲーム画面の上部にあるロゴ「WHEEL PANIC!」の文字部は予告機能になっている。



予告パターンは3種類あり、パターンによってその信頼性が異なる。

1)左から右に光が走る
 信頼度30%

2)文字全体が光る
 信頼度50%

3)文字がカラフルに光る
 信頼度100%

予告パターンによってのホイール出現数は特に決まっていない。
また、予告が無い場合にもホイールパニックフィーチャーが成立することがある。


「ダブルダウン ホイールフィーチャー」

ホイールパニックではダブルダウン中にもホイール抽選がある。
プレイヤーが選択した場所にホイール絵柄が止まると、すぐにホイールが回転する。

ホイール結果による配当枚数 (括弧内は100枚掛け時の例)

X5 ・・・ 結果枚数が5倍になる   (100x2 x5 = 1000)
X3 ・・・ 結果枚数が3倍になる   (100x2 x3 = 600)
X2 ・・・ 結果枚数が2倍になる   (100x2 x2 = 400)
+4 ・・・ ベット枚数の4倍をプラス (100x2 + 100x4 = 600)
+2 ・・・ ベット枚数の2倍をプラス (100x2 + 100x2 = 400)
+1 ・・・ ベット枚数の1倍をプラス (100x2 + 100x1 = 300)


「9本のペイライン」

ホイールパニックは9本のペイラインがあり、9ベットで全ラインが有効となる。

 

 

当選は左右どちらから並んでも配当がある。

ゲーム機のパネルに表示されている「5つ並んだ場合の配当」は、
両側からの合計になっているので、この数字が2倍にはならない。



絵柄の種類
レッドセブン バー ベル ウォーターメロン プラム
レモン オレンジ チェリー ホイールパニック
絵柄は全部で9種類。
ボーナススピンZと似たタッチの絵柄となっている。


オッズ表
配当は2個並びからあり、ベルの2枚が一番低い枚数になっている。
最高は7の5並び。ホイールパニック絵柄には配当は無い。



ダブルオッズ表
ホイールパニック絵柄の場合にホイールボーナスが付くのが特徴だが、あまり出現することはない。
ホイールボーナス分があるので、ディーラーがかなり強い。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載