「ビンゴルレッタ」

5つのラインが3つあるカードにかけるビンゴ
海外版の言語のままで、翻訳されていない機種です


トップページ > メーカー > ビデオスロット > ビンゴルレッタ

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名ビデオスロット
種別ビンゴ
リール数なし
ペイライン数3本 (4カード)
ベット数1枚から80枚
配当上限200,000枚
P/O率不明
配当方式ビンゴ配当
絵柄数なし
ダブルゲームなし
ダブルゲームボーナスなし
その他ルレッタボーナス


マシン情報
海外で作られたカジノ用筐体を日本のメダルゲームで運用したもの。
画面に表示される言語がスペイン語であり、非常にわかりにくい機種。

ゲームバランスは渋めであり、長時間見ているだけのシングルマシン。


ゲームの特徴

「メインゲーム内容」

ランダムに決められた15個の数字がかかれたカードにベットする。
カードは4枚あり、それぞれに同じ枚数をベットすることができる。



ゲームを開始すると番号がランダムに次々と抽選される。
カード内で番号が横1列揃うと当選となる。

当選倍率は、1枚のカード内に何列揃ったかによって決まる。
最大で3本であり、倍率は下記の通り。

1本 ・・・ 4倍
2本 ・・・ 100倍
3本 ・・・ 1000倍


「ルレッタボーナス」

ビンゴ番号の抽選中に、番号ではなく英文字が書いてあるボールが現れることがある。
英文字のボールは「RULETA」の6文字分があり、6文字すべて出るとボーナスゲームとなる。



最初に一番外周でルーレットが回り、矢印に止まると倍率の高い内側になる。
数字に止まると、その数字の倍率がベット数にかけられた配当がもらえて終了。

一番内側に到達するとスロットが回り、30倍から最大1000倍の当選となる。


「海外版」

ビンゴルレッタは、日本国内で2タイプの機種が流通している。

1つはスペイン語表記のビンゴルレッタ。
パネル上部にオッズが書かれているバージョン。

もうひとつは英語バージョン。
ベット数表記が英語にしてあり、上部パネルがロゴのデザインになっている。

国内では流通していないが、海外バージョンはBINGO SHOWという名前になっている。














(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載