「アルティメイト」

トランプの絵柄が特徴的な8ラインスロットマシン
地味な機種ですがスペシャルボーナスの構成上、大きな当たりが期待できます


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > アルティメイト

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (8ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から80枚 (機種やバージョンによる)
配当上限100,000枚
P/O率91.9%
配当方式ペイライン配当 / エニー配当
絵柄数7種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他


マシン情報
メカスロでも登場していたJQKの絵柄を取り入れた複雑な配当があるマシン。

オールブランクで配当があることや、フェイス(顔の絵のある絵柄)の数、
さらにダブルジョーカーが入っていることから、
ぱっと見で配当を計算するのが難しいところが面白い。

10万枚の可能性が高い機種であり、その分バランスは悪そうだが、
遊んでみるとそうでもないことからファンを多く持つ。


ゲームの特徴

「複雑な配当計算」

すべてのリールがブランクだと26枚というちょっと半端な配当がある。
その時にジョーカーが1つあると、2倍となり52枚の配当になる。

JQKの合計個数によるエニーフェイス配当やエニーセブン配当がある。

ブルーセブンが3個の場合は12倍なのだが、同時にエニーセブン配当も加算されて16倍となる。
さらにジョーカーが含まれるとそれぞれが倍の配当となる。



上記のように筐体に書かれている通り、ジョーカー3枚の場合は8倍にはならない。


「マルチゲーム筺体」

アルティメイトは単体筐体の他に、2種類のミッドスラント機にも収められている。



上記のマルチゲームス・ブルーでは、最大80ベットが可能となっている。
搭載ROMのバージョンにより、最大100万枚が当選するタイプもあるが、
主流なのは10万枚に制限されたもの。
この機種は他に、ボーナススピンジョーカーズダブルとパトリオットが選べる。



マルチゲームス・ゴーストは最大8ベットまで。
JDジュニアとマルチプライヤーも納められており、マルチゲームスのレッドとブルーの
中間的な存在になっているが、あまり多くは流通していない。



絵柄の種類
ダブルジョーカー ブルーセブン レッドセブン キング クイーン
ジャック ブランク
絵柄は全部で7種類。
リールにはブランクと交互に配列されている。
JQKの絵柄はスキャッターズファンや、ホットラインなどと同じ絵柄。


オッズ表
ペイライン配当表は倍率ではなくて枚数を表す。
8ベット以上の場合、16ベットで1ラインに2枚ずつとなり、
80ベットで1ラインに対し、10ベットずつとなる。


エニーオッズ表
ANY6から一気に枚数が多くなる。
履歴から見ると10万枚にたどり着くのはセブン絡みが一番多い。


ダブルオッズ表
上記のダブルダウン配当表は倍率表記。
勝敗に関係無く賭け枚数に対して支払われる。
ダブル絵柄はすべてに有効。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載