「パトリオット」

3色のセブンとバーで構成されたゴーストタイプの機種
青7よりも赤7の方が価値が高く、他の機種とは逆転しています


トップページ > メーカー > スーパーエイトウェイズ > パトリオット

ゲーム機の概要
メーカーシグマ
シリーズ名スーパーエイトウェイズ
種別デジタルスロットマシン
リール数9リール (3x3リール)
ペイライン数8本 (8ベットで全ライン有効)
ベット数1枚から80枚 (機種やバージョンによる)
配当上限100,000枚
P/O率92.8%
配当方式ペイライン配当 / エニー配当 / セイムカラー配当
絵柄数7種
ダブルゲームあり (最大5,000枚まで)
ダブルゲームボーナススペシャルボーナス配当
その他


マシン情報
赤白青という並びを、カジノなどでスタンダードにした機種。
この機種以降、同じような配当システムが続々と登場した。
セブンは赤が強いが、BARでは逆転して青が強くなる。

80ベット時にセブンが8個出て10万枚や、
ダブルダウンで赤白青のセブンが並んで10万枚など、
多くのジャックポットを出しているハイローラー御用達の機種。


ゲームの特徴

「赤白青の順番で配当」

セブンでもBARでも、赤白青の順番に並ぶと高い配当がある。
この色の順番であれば、セブンとBARが混ざっても配当がつくのが面白い。

プレイしていると気がつくのだが、左(または上)に赤セブンがなかなか出現しない。


「セイムカラーでの配当」

同じ色のセブンやBARが出現すると、エニーセブンのような配当がつく。
オッズ表が複雑で見ずらいのだが「エニーセブンの個数+1」でセイムカラー配当になる。

ただし最低6個からなので、なかなか達成は難しい。


「マルチゲーム筺体」

HD機ではベット数が最大で40枚までだが、
ミッドスラント機(マルチゲームス ブルー)では、最大80ベットが可能となっている。



また、このマルチゲームスにはいくつかのROMのバージョンが存在し、
最大で100万枚まで当選するタイプがあるが、主流なのは最大で10万枚に抑制されたバージョン。
この最大の配当枚数はデモ画面で確認することができる。

この機種には他に、ボーナススピンジョーカーズダブルとアルティメイトが選べる。



絵柄の種類
レッドセブン ホワイトセブン ブルーセブン トリプルバー ダブルバー
シングルバー ブランク
絵柄の種類は7種類。
リールにはセブンが各1個あり、ブランクと交互に配置されている。


オッズ表
エニーバーとエニーカラー配当もあるので、細かく当選することが多い。


エニーオッズ表
左側にセイムカラーの6個から9個、右側にはエニーセブンの5個から9個となっている。
1ベットから7ベットは均等倍率だが、8ベット時だけ10ベット相当のオッズになる。


ダブルオッズ表
ボーナスの種類は多く10種類ある。
エニー赤・白・青並びで3倍配当があり、負けたと思いきや驚くことがある。







(c)2017 Ichiro.Sakurada All rights reserved. 禁無断転載